市民との対話集会を開催します

7 years ago

南砺市議会の自民クラブでは、市民との対話集会を開催します。
各会場へ自由にお出かけ下さい。

------------------

平成22年10月28日(木) 19時00分


【城端会場】 城端行政センター 2F 和室

【平 会 場】 春光荘 3F ホール

【上平会場】 ささら館 2F

【福光会場】 福光中央会館 4F 一位の間

------------------

平成22年10月29日(金) 19時00分

【利賀会場】 上村公民館

【井波会場】 井波福祉センター 1F 和室

【井口会場】 井口福祉センター 1F 和室

【福野会場】 産業文化会館 2F



・開催告知チラシ

s-市民との対話集会チラシ101028-29.jpg

石破茂政調会長との意見交換

7 years ago

 10月14日、自民党本部にて、石破茂政調会長の講演と意見交換を行ないました。
 最近の情勢と、臨時国会に対する党の考え方についての講演でした。
 
s-石破先生.jpg

生活文化分科会 第2回視察研修

7 years ago

生活文化分科会では、7月14~15日にかけて、歴史的・文化的な景観づくりに取組んでいる先進地を視察し、調査研究を行いました。
----------
○ 長野県南木曽町
(1)妻籠宿保存事業(重要伝統的建造物群保存地区)
昭和21年10月、全国で戦後最初の公民館が妻籠にでき、戦前から疎開してきた文化人との交流が、妻籠宿の文化的価値に目を向ける素地を育んだという。そうした住民活動の中から、昭和39年、妻籠宿場資料収集活動が始まった。保存事業は、長野県明治100周年事業(昭和43年~45年度)で本格化した。わが国の町並み保存の先駆け的存在であり、学ぶべきことが多い。
(2)保存に関する制度
・「妻籠宿保存条例」昭和48年8月1日制定  全国初の条例。
  宿場景観、在郷景観、自然景観の三つの柱で、規則や手続きを定めている。
・「重要伝統的建造物群保存地区」昭和50年7月1日指定、文化財保護法の改正(文化庁)
・「妻籠宿保存地区保存条例」昭和51年4月1日公布
  保存計画(保存地区の範囲や対象)、保存のための規則や手続きを定める。
  固定資産税の特例措置  伝統的建造物の免除、地区内の家屋20%減免

○ 岐阜県中津川市
(1)平成の合併
平成17年2月1日、全国唯一の越境合併、即ち、長野県木曽郡山口村を含めた7町村との合併により、新しい中津川市が誕生した。
(2)景観計画
 合併により、中山道宿場町が3箇所となった。特に、旧山口村の馬籠宿は、島崎藤村の出身地であり、妻籠宿と並んで一大観光地である。合併を機に、この中山道宿場町「馬籠」「落合」「中津川」の3箇所を軸に、南北に走る飛騨街道、山々の豊かな森林、木曽川を始め多くの清流、田園・・・など、多くの文化的、自然景観がある。中津川らしい景観をより良くしていくために、景観形成の計画を策定した。
(3)中津川市景観計画
中津川市景観計画平成19年7月制定。景観法(平成16年6月18日法律大10号)に基づく。
3つの景観計画区域
 ア 景観計画区域  市域全域。山並み、清流、田園。
 イ 中山道沿線景観区域 中山道に面する区域、宿と宿をつなぐ区域
 ウ 景観計画重点区域  本町中山道地区、落合中山道地区、馬籠中山道地区


100714生活文化 (1).jpg

100714生活文化 (2).jpg

次代創造分科会 視察

7 years ago

次代創造分科会では、7月14~15日にかけて、伊那市(長野県)、高山市(岐阜県)、郡上市(同)に視察に行ってきました。
昨年度の提言の中にあるまちづくりに関するテーマの中から、人口増対策、結婚支援などにテーマを絞っての研修です。

各地での研修内容は次のとおりですが、特に、伊那市の婚活支援は全国に先駆けて実施していることもあり、有意義な内容でした。

伊那市
・婚活支援に乗り出した背景・経緯
・センター開設から1年半、見えてきた問題点や課題
・登録者の男女比・年齢層
・婚活イベント等の開催事例
・イベント参加者の満足度
高山市
・「越中・飛騨観光圏」で目指す具体的内容
・南砺市との連携で出来ることや、こちらに期待すること
・高山市の観光施策の具体例(誘客の作戦、組織、など)
・観光課と観光協会の関係、役割分担について
・観光施設の指定管理について
郡上市
・空き家への入居の実績
・市外・県外からの移住割合
・空き家の情報提供のみとあるが、トラブルの有無は
・定住人口増への効果

s-CIMG0005.jpg

s-CIMG0018.jpg

砺波小矢部JCTの清掃活動

8 years ago

 4月30日、南砺市への北の玄関口「砺波小矢部ジャンクション(JCT)」の清掃活動を行いました。「GW前に、玄関口をきれいにしよう!」との発想から、NEXCO中日本などと調整し、小矢部市議会の皆さんにもお声がけをして実施しました。

 JCTの中、あの減速してゆっくり走るループ状の真ん中、ゴミだらけって知っていました?
 基本的に車道を渡るのは危険なので、役割分担の上、側道を中心に清掃開始。NEXCOの人に言わせると「開業以来、こういう場所の清掃は初めて」とか。
 空き缶(特にアルコール)、ペットボトル、コンビニ弁当の殻、事故車の破片など・・・。

 時間がなくてすべて採りきれませんでしたが、清掃後はちょっとすっきり、気持ちもすっきり!


100430JCT清掃 (2).jpg

100430JCT清掃 (3).jpg

100430JCT清掃 (4).jpg
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7